月別アーカイブ: 2018年5月

大宜都比売は最多出演

粟の国のオオゲツヒメ 先に大宜都比売のことを書いたので、ここから少し調べてみました。大宜都比売は古事記or日本書紀に出てくる神様としては最も出てくる回数の多い神様だと聞いたことがあります。うろ覚えでは7回とか。たぶん間違 […]

火の鳥・宇宙編 猿田とナナ3

電子書籍の漫画 やっぱり、どうも電子書籍は身につきません。特に漫画は、枠線が曲がっていたりするので違和感ありありです。目的のページに飛ぶのも、いちいちめくっていかなくてはならないので不便です。紙パラパラのほうがいいですね […]

ブルースギターをやりたい

ギターくらい弾けるもん フォーク世代です。高校生のときに吉田拓郎さんの「結婚しようよ」が大ヒット。15の時だったかな。フォークギターを買ってもらって歌ってました。歌も仲間内ではうまくて・・・下手だけど音程が良かったのかな […]

あせび温泉やすらぎの郷

板野町日帰り温泉の巻 板野郡板野町にある「あせび温泉やすらぎの郷」へ行ってきました。「あせび温泉やすらぎの郷」は初めてです。割と近いのに行く機会がなかったのです。誘われて行ったのですが、思っていたよりは立派な施設で、日曜 […]

火の鳥・宇宙編 猿田とナナ2

ネタバレ注意 これまで散々書いてきたのですが、これはもしかしてネタバレになるのではないかと思い出しました。猿田彦の物語をダイジェストで書いているつもりでしたが、ストーリの一部であってもネタバレといえばネタバレだなと思うの […]

火の鳥・宇宙編 猿田とナナ1

ヤマト編 ヤマト編はヤマトタケルの熊襲征伐を題材にした物語です。残念ながら、猿田彦や彼の子孫は登場しません。猿田彦を追っている、当ブログですからヤマト編は簡単にパスします。 ヤマト編は昭和43年9月から昭和44年2月にか […]

バトル・オブ・大宜都比売

身一つにして面四つ 「讃岐男に阿波女」という言葉がありますが、単に男女の相性のよさを表した言葉だと思っている人が多いようです。私なんかは、外された、「讃岐女と阿波男」はどうなるのという捻くれた思いが先に浮かぶのですが、こ […]

犬伏左近について

赤沢宋伝の家臣 赤沢宋伝(あかざわそうでん)は三好氏の家臣で、戦国時代から安土桃山時代の武将です。徳島県板野郡板野町にあった、板西城(ばんざいじょう)の城主です。犬伏左近は赤沢宋伝の家臣で「赤沢十二人衆」の一人といわれ、 […]

久しぶりに新刊書店へ

本屋に行きました 久しぶりに新刊書を扱う本屋に行きました。古本屋はよく行くのですが、新刊書店はめったに行きません。昔はよく行っていたのですが、本当に行かなくなりました。そして、買わなくなりました。買うのはネット書店ばかり […]