月別アーカイブ: 2018年8月

神生みを詳しく詮索する1

大事忍男神(おほことおしをのかみ) 神生みで最初に生まれた神と記載された神さまです。「忍男」といえば知珂(ちか)の島の天の忍男神を思い浮かべます。「忍」の字は「おし」と読む場合、「名乗り」と注釈があります。意味ではなく、 […]

国生みの後は神生み

イザナギとイザナミによる神生み 国生みにより、国土を生んだイザナミとイザナギは次に神を生みにかかります。森羅万象すべてのものに神が宿ると考えれば、家宅や自然のもの全てに神を振り分けたように思えます。中には有名な神名もみら […]

大八島後の六島2

大島(おほしま) 大島は山口県の周防大島と書きましたが、他にもいくつか候補があります。つまり、わからないということです。児島半島~小豆島ときましたから、瀬戸内海の東方面かと思ったりして、地図を見たりしていたのですが、わか […]

大毛島の瓶浦神社に参拝

亀浦魚港といえば 鳴門公園への上り口にある亀浦漁港といえば、現在は釣のスポットとして有名な所のようです。私も子どもの頃はこの辺に釣に来ました。といっても自宅から自転車の距離ではなかったので、親と一緒だったと思います。この […]