天使と天女とあらたえ

レイダース失われたアーク(聖櫃)

インディー・ジョーンズ(インディアナ・ジョーンズ)シリーズの第1作、レイダース失われたアーク(聖櫃)は1981年の映画です。スター・ウォーズが1980年で、レイダースの前年になります。ハン・ソロ役でブレイクした、ハリソン・フォードが主演のインディー・ジョーンズ3部作は、当時待ちかねるように映画館に足を運んだ記憶があります。2008年だかに4作目が作られたのですが、その時には、さすがにハリソン・フォードもお歳だなと思いました。

映画の中で出てくる「アーク」ですが、「アーク」というのは聖櫃と訳されています。聖櫃はキリスト教・ユダヤ教において使われる、特別な箱を指す言葉であり、他にもいくつかあるようです。映画の中の「アーク」は「契約の箱」といわれるもので、中にはマナの入った壷。モーゼの兄、アロンの杖、そして十戒の刻まれた石板が収められています。マナというのは食べ物のことです。よくゲームに出てきますね。


amazonにあったので貼り付けました。

今回は「契約の箱」の上に装飾されたケルビムについての話です。「契約の箱」は御神輿の原型という説もあります。現在の御神輿の上には鳳凰が止まっていますね。「契約の箱」はその上部に1対のケルビムが羽を休めた形態で向かい合っています。ネット上に画像は多く存在しますのでご覧下さい。金ぴかのやつです。

ケルビムは天使と訳されています。実際画像を見ても、天使にしか見えないものが乗っかっているのです。じゃあ、天使は何語でケルビムって言うの?ってなりますね。その疑問をずっと調べもしないで抱えていたのは、私の性格のなせる業でしょうか。今回は天使について調べてみました。

神の使いたる天使

天使というのは神の使いとして、人間と接触するものだそうです。天使についてもいろいろと見解があるようですが、ここでははしょって各宗教の天使を見てみます。仏教にも天使という概念は有るようですが省きます。

  • キリスト教の天使 主のお使い ラッパを吹くと災いをもたらす
  • イスラム教の天使 ムスリムが信仰すべき六信のひとつ
  • ユダヤ教の天使 やたら巨大 ヘブライ語ではマルアハ

六信とは信じなければならない6つの信仰箇条
1.唯一全能の神(アッラーフ)
2.天使の存在(マラーイカ)
3.啓典(神の啓示、キターブ)
4.使徒・預言者(ラスール)
5.来世の存在(アーヒラ)
6.定命(カダル)

まだケルビムが出てきません。天使がラッパを吹くと、災いがおきるとは初耳です。

では、語源的にはどうでしょうか。

  • 「伝令」「使いの者」を意味するギリシア語の「アンゲロス」英語の angel
  • 「密使」を意味するペルシア語の「アンガロス」
  • 「神の霊」の意であるサンスクリットの「アンギラス」

やはり違うようです。

天使にも階級があります。階級を列挙してみます。

  • 熾天使(してんし)「セラフィム」最上級の天使
  • 智天使(ちてんし)「ケルビム」第2位の天使
  • 座天使(ざてんし)「ソロネ」「スローンズ」第3位の天使
  • 主天使(しゅてんし)「ドミニオンズ」「キュリオテテス」第4位の天使
  • 力天使(りきてんし)「デュナミス」第5位の天使
  • 能天使(のうてんし)「エクスシア」第6位の天使
  • 権天使(けんてんし)「アルヒャイ」「プリンシパリティ」第7位の天使
  • 大天使(だいてんし)第8位の天使

やっと出てきました。ケルビムとは天使階級第2位の天使だったのですね。ウィキペディアを見ると智天使の複数形と書いてあります。複数形ということは「契約の箱」の天使は1対でケルビムというのでしょうか。

ヘブライ語 cherubの複数形。人面または獣面で翼をもった旧約聖書の超人的存在。神の玉座や聖なる場所を守衛すると信じられ,契約の櫃には黄金のケルビムが配置されていた。アッシリアの神殿を守護した,人面,雄牛の身体,ライオンの尾,翼をもったケルブ (ケラブ) が取入れられたものと思われる。キリスト教 (特にカトリック) では智天使と訳し,天使の一つとしている。美術では頭と翼だけの幼児に描かれる。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)コトバンク 2018年6月17日21時13分

ケルビムとは天使階級第2位の天使ということがわかりました。複数形については不明。

羽衣伝説について

私は、天使という概念を持たない日本人が天使としてイメージをしたものが鳥なのではないかと思っていました。これは単なる思い込みで、誰かの本を読んだとか、どこかのサイトで見たとかではありません。ただ、単純にそういうことを思いついただけの話です。

羽衣伝説というものが日本各地にありますが、こんなストーリーです。

1.水源地(湖水)に白鳥が降りて水浴びし、人間の女性(以下天女)の姿を現す。
2.天女が水浴びをしている間に、天女の美しさに心を奪われたその様子を覗き見る存在(男、老人)が、天女を天に帰すまいとして、その衣服(羽衣)を隠してしまう。
3.1人の天女が飛びあがれなくなる(天に帰れなくなる)
ここから近江型と丹後型でわかれる。
近江型(一般型)
1.天に帰れなくなった天女は男と結婚し子供を残す(幸をもたらす)。
2.天女は羽衣を見つけて天上へ戻る
3.後日談(後述)
丹後型 1.天に帰れなくなった天女は老夫婦の子として引き取られる
2.天女は酒造りにたけ、老夫婦は裕福となる
3.老夫婦は自分の子ではないと言って追い出す
4.天女はさまよった末ある地に留まる(トヨウケビメ)
羽衣伝説(2018年5月11日 (日) 20:46 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

羽衣伝説に登場する天女は白鳥だとされています。そうすると、天女が無くした羽衣は白鳥の羽ということになります。羽衣をなくした天女はただの人間のようです。羽衣を身に着けた天女は天上に帰ります。神になるわけです。羽衣というのは衣服ではなく、現在でいうショールのようなものです。つまり羽衣は天使の羽根から由来するもののように思うのです。

余談ですが、羽衣伝説の後日談、丹後型の4、トヨウケビメが気になります。

あらたえ(麁服)について

皇太子が天皇として即位される時、あらたえ(麁服)という麻の織物を羽織られると聞きます。正確にはあらたえを神にお供えするのだそうですが、あらたえによって、皇太子は神たる天皇になるわけです。天女の羽衣とルーツが重なるような気がします。

あらたえも衣服のイメージがありますが、実際は麻の反物であることはあまり知られていません。

あとがき

なにか尻すぼみ、かつ支離滅裂になってしまいました。天使の羽根とあらたえを無理やり結びつけた雑文になってしまいました。時間もかかったし、体力というか、頭がついてこないのです。まあ、こういうのは楽しい作業ではあります。

つづく かもしれなし。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください