ヤフオクにて

ネットで古本屋

「せどり」というのがあります。元々は古本屋で相場より安く売られている古本を購入して、相場で別の古本屋に売るというのが「せどり」という職業です。かなり古本に対しての知識がなければできない仕事でした。

古きよき時代の「せどり」とは違って、ネットで拡散されブームを巻き起こしたのは、主にブックオフの100円コーナーで仕入れて、アマゾンで売るというスタイルです。初期の頃はとんでもないお宝があったようです。

誰もが商品知識があるわけではありません。どの商品がいくらで売れるのかはネットで検索できたのです。アマゾンで検索すると、古本の最低価格とランキングが分かります。ある程度の値段でランキング上位のものを、どんどんとカゴに放り込めばいいのです。

販売はアマゾンです。アマゾンは商品画像掲載の必要がなく、簡単な商品説明だけで出品できます。そして、掲載する端から売れていったりもしました。ランキングが4桁くらいまでだと、本当に飛ぶように売れました。後は梱包して発送するだけです。

アマゾンに商品を預けて、アマゾンが発送するシステムもできました。こうなると仕入れて掲載してアマゾンに送るだけです。この繰り返しで月に何十万、何百万と売上がでるのです。

誰も彼もが参入してきました。まさに「せどり」バブルです。もちろんバブルは弾けました。理由はいろいろあるのですが、あまり詳しくもなく想像の域をでないので割愛します。

これはもう何年も前のお話です。

現在は、当地などでは「せどり」の人を見かけることは稀で、極たまに遭遇しますが、彼らのカゴは空っぽです。「せどり」では稼げない時代になったということでしょうか。

年金代わりの出品

私は今でもやっています。売るのはヤフオクです。そしてアマゾンで相場を検索することはありません。たまにはやりますが、ほとんどは普通の本を購入して出品しています。

自分の感覚だけで購入し出品しているのでなかなか売れません。しかし、ある程度数を出品するとある程度は売れるのです。

現在は4000点くらい出品していますが、売れるのは月に100点程です。単価は@600円くらいなので売上は60,000円程度です。しかし、放っておいても売れるので毎日発送だけすればいいのです。

単純に計算すると20000点出品すれば売上は300,000円ということになります。送料は別なので、あとは梱包材くらいです。もちろん仕入れの費用はかかりますが。

毎月500冊売れるとして、出品数をキープするには500冊仕入れなければなりません。ブックオフで仕入れるとしたら50,000円です。一般買取を始めれば5,000円もあれば十分かと思います。今は面倒なのでやりませんが。

目標としてはあと2年くらいで20000冊にもっていきたいと思っています。

年金代わりになりませんかね?

今日はこの辺で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.