一日一食が停滞期になった

ダイエット効果

先日、スーパー銭湯へ行ったのですが、いつものようにデジタル体重計に乗ると、83.5*kg(端数は忘れました)の数値。まずまず合格点なのですが、はっきり言ってのろのろ運転しています。昨日は自宅のボロイ体重計に乗ったのですが、80kgと85kgの真ん中をさしていました。下半身は着衣で、おそらく83kgを切っているのですから、まったくストップしているわけではありませんが、直感的に80kgの壁は相当分厚いなと感じています。

最近は買い食いしてしまって、一日一食を守れていません。それに酒量が増えました。これまでは週に一度か二度、350ccのビールもどきを2本買っていたのですが、ここのところは、倍くらいに頻度が増しています。その上、つまみ買ったりしますので、これはもう一日一食とは言えないと思います。

また、リスタートしたいと思ってはいますが・・・。

一日一食は太るというデータがあるそうです。9月にかなり痩せたのは、食事が減った上に、肉体労働が結構激しかったのと、異常な気温の高さが影響して、毎日大汗をかいていたからだと思います。食べなかったから痩せたのも否定できませんが、相乗効果あっての体重減少だったのだと思っています。一日一食が太るというデータは確認していませんが、無きにしも有らずといったところでしょうか。

お尻がきれいになった

太っていたときは、お尻が荒れていたというか、吹き出物や突起物のようなものがあったのですが、いまはスベスベです。鏡で確認したわけではないのですが、触った感触が以前とは全く違っています。今更誰に見せるわけでもナイですが、ちょっと嬉しい感じです。

たぶん、お尻だけでなく、ほかの部分もきれいになっているのだと思います。顔は、以前は脂性でギラついいたのですが、さらさらなっていますし、美肌効果はかなりあるのではないかと思います。ジジイなので特別に嬉しくもないですが、それはそれで、気分はいいものです。

疲れなくなった

以前は身体を動かすとすぐに息切れし、疲労感がとんでもなかったのですが、現在はまあまり疲れを感じなくなりました。仕事が終わって寛いでいる時間になると、多少は疲労や筋肉痛を感じますが、回復するのも早くて、一日の疲労はその日に解消できているみたいです。

身体を動かしている最中はあまり疲れを感じませんし、いくらでも動けるように思います。10kg近く体重が減っているのですから、身体も軽いです。軽いジャンプすらできそうです。片足立ちで靴下も履けます。体力には自身がなかったのですが、現在自身を取り戻しています。

今後について

基本的には一日一食を続けますが、今までのようにゆる~くやるつもりです。目標は年明けまでに72kgです。なかなか厳しい目標ですから、クリアできるかどうかはわかりませんが、できなくてもokなくらい、ゆる~くやるつもりです。ともあれ10月中に80kgを切れればいいのですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください