羽衣伝説と乙子狭姫伝説

丹後国風土記の羽衣伝説

丹後の国とは昔の律令制下の行政区で、現在の京都北部から島根県あたりになると思います。山陰地方ですね。昨日出てきた羽衣伝説のお話ですが、お話の後半部が近江型と丹後型に別れるというのが有りました。それで、丹後型の結末で、天女がトヨウケビメとして祭られるようになるというのです。これは調べないとね。

「丹後の国の風土記に曰く、丹後国丹波の郡。郡家の西北の隅の方に比治の里あり。此の里の比治山の頂きに井あり。其の名を真奈井と云ふ。今はすでに沼と成れり。此の井に天女八人降りて来て水浴[みかはあ]みき…」

真奈井という湧き水の出る池のようなものでしょうか、そこに八人の天女が舞い降りて水浴をしていたのです。そこに和奈佐(わなさ)という名の老夫婦が現れて、一人の天女の羽衣を隠してしまいます。天女は天に帰っていくのですが、羽衣を隠された一人の天女は天に帰ることができません。天に帰れなくなった天女は老夫婦の勧めで老夫婦の娘となり10年を暮らします。

娘となった天女は一杯飲めば万病に効くという酒造りや、機織などを教え、老夫婦の家は裕福になるのですが、何故か娘となった天女を老夫婦は追い出します。嘆き悲しんだ天女は放浪の末、船木の里に落ち着きます。天女は村びとたちによって豊宇賀能売命(とようかのめのみこと)として祭られます。

丹後型の結末はもう一つあって、七夕の原型となった物語のようですが、今回はパス。

概要だけ見れば酷い話ですね。老夫婦に拉致監禁された天女が、持っていた技術を全て取り上げられて、得るものがなくなれば追い出してしまうという、鬼のような老夫婦です。

ちなみに、この和奈佐(わなさ)という名の老夫婦は阿波国の人だそうです。正確には阿波国から来た海人族とかかわりがあるとのこと。出雲国風土記に書いてあるそうですが、確認はしていません。確認しないといけないですね。

豊宇賀能売命(とようかのめのみこと)は豊受大神(とようけのおおかみ)のことで、オオゲツヒメとは同神かと思われます。

乙子狭姫(おとごさひめ)伝説

これは、島根県石見地方に伝わる伝説です。乙子狭姫はチビ姫とも呼ばれる小さな姫で雁の背中にも乗れるほどです。

太古の昔、赤雁に乗って穀物の種を伝えた狭姫という女神がいた。狭姫の母神はオオゲツヒメといい、身体のどこからでも食物を出すことができた。あるとき、心の良くない神がオオゲツヒメの身体にはどんな仕掛けがあるのかと面白半分にヒメを斬ってしまった。

息も絶え絶えなオオゲツヒメは狭姫を呼び、「お前は末っ子で身体も小さい。形見をやるから安国へ行って暮らすがよい」と言って息を引き取った。と、見る見るうちにオオゲツヒメの遺体から五穀の種が芽生えた。狭姫は種を手にすると、そこにやって来た赤雁の背に乗って旅だった。

海を渡って疲れた赤雁が高島(現益田市)で休もうとしたところ、大山祇(オオヤマツミ)の使いの鷹が出てきて「我は肉を喰らう故、五穀の種なぞいらん」と狭姫を追い払った。続いて須津(現浜田市三隅町)の大島で休もうとしたところ鷲が出てきて同じように追い払った。

しかたなく力を振り絞った狭姫と赤雁は鎌手大浜(現益田市)の亀島で一休みして、そこから赤雁(現益田市)の天道山に降り立った。更に比礼振山(現益田市)まで進むと、周囲に種の里を開いた。神も人も喜び、狭姫を種姫と呼んであがめた。

乙子狭姫 (2018年6月18日 (月) 20:37 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

心のよくない神というのは朝鮮から来た神のようです。スサノオは日本書紀において、一旦朝鮮に降り立ってから日本にやってきます。高天原を追放されるほど悪行を重ねたスサノオですから、心のよくない神はスサノオと重なります。

物語を簡単にすると、オオゲツヒメより五穀の種子を賜った乙子狭姫は島根県に降り立ち、農耕の神となった。というお話です。

阿波人が舞い降りたのだ

丹後の国の羽衣伝説も乙子狭姫(おとごさひめ)伝説も阿波の国が関係しています。阿波の国の人々が丹後地方に入植して農耕や技術を広めたということでしょう。オオゲツヒメがスサノオによって殺された場所はどこか調べたのですが、わかりませんでした。

オオゲツヒメは粟の国の姫ですから、阿波の国で殺されたと考えられます。スサノオが現れ、災いをおこすまで、阿波の国は平和な姫の国だったのでしょう。争いのない時代は女性の時代でもあります。スサノオがオオゲツヒメを殺したことが象徴するものは、阿波の国における争いのない時代の終焉と考えられます。乙子狭姫たちは争いの地、阿波の国から逃れ、丹後地方まで流れていったのかも知れませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください