国生みの後は神生み

イザナギとイザナミによる神生み

国生みにより、国土を生んだイザナミとイザナギは次に神を生みにかかります。森羅万象すべてのものに神が宿ると考えれば、家宅や自然のもの全てに神を振り分けたように思えます。中には有名な神名もみられますが、全て検索していくにはかなり時間がかかりそうです。

とりあえず書き出してみます。

最初に生まれた神

  • 大事忍男神(おほことおしをのかみ)

家宅六神(かたくろくしん)

家屋を守る神。

  • 石土毘古神(いはつちびこのかみ)
  • 石巣比売神(いはすひめのかみ)
  • 大戸日別神(おほとひわけのかみ)
  • 天之吹男神(あめのふきおのかみ)
  • 大屋毘古神(おほやびこのかみ)
  • 風木津別之忍男神(かざもつわけのおしをのかみ)

海(わた)の神

  • 大綿津見神(おほわたつみのかみ)

水戸(みなと)の神

  • 速秋津日子神(はやあきつひこのかみ)
  • 速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)

 速秋津日子神と速秋津比売神が生んだ神

  • 沫那藝神(あはなぎのかみ)
  • 沫那美神(あはなみのかみ)
  • 頬那藝神(つらなぎのかみ)
  • 頬那美神(つらなみのかみ)
  • 天之水分神(あめのみくまりのかみ)
  • 国之水分神(くにのみくまりのかみ)
  • 天之久比奢母智神(あめのくひざもちのかみ)
  • 国之久比奢母智神(くにのくひざもちのかみ)

風の神

  • 志那都比古神(しなつひこのかみ)

木の神

  • 久久能智神(くくのちのかみ)

山の神

  • 大山津見神(おほやまつみのかみ)

野の神

  • 鹿屋野比売神(かやのひめのかみ) またの名は野椎神(のづちのかみ)

 大山津見神と野椎神が生んだ神

  • 天之狭土神(あめのさづちのかみ)
  • 国之狭土神(くにのさづちのかみ)
  • 天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)
  • 国之狭霧神(くにのさぎりのかみ)
  • 天之闇戸神(あめのくらどのかみ)
  • 国之闇戸神(くにのくらどのかみ)
  • 大戸惑子神(おほとまとひこのかみ)
  • 大戸惑女神(おほとまとひめのかみ)

次に生んだ神

  • 鳥之石楠船神(とりのいはくすぶねのかみ) またの名は天鳥船(あめのとりふね)
  • 大宜都比売神(おほげつひめのかみ)
  • 火之夜藝速男神(ひのやぎはやをのかみ) またの名は火之炫毘古神(ひのかがびこのかみ)、またの名は火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)

イザナミの病

火の神である火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだ時、イザナミはその女陰を焼かれて病に伏します。以下はイザナミの病により生まれた神です。

イザナミのたぐり(吐瀉物)により生まれた神

  • 金山毘古神(かなやまびこのかみ)
  • 金山毘売神(かなやまびめのかみ)

イザナミの屎(くそ=糞)により生まれた神

  • 波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)
  • 波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)

イザナミの尿により生まれた神

  • 彌都波能売神(みつはのめのかみ)
  • 和久産巣日神(わくむすひのかみ)

 和久産巣日神(わくむすひのかみ)の子

  • 豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)

病の症状により神が生まれるというのは、病に対する畏敬の念というか、人知を超えた恐れがあるのだと思います。古代では病は死につながることが恒であったのでしょう。糞尿に神が宿るのは汚いように思えますが、病が神の祟りであったり、糞尿が回復への希望であったりと考えたのかもしれません。

以下未記載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください