旧唐書 巻199上 列伝第149上 東夷2

原文

倭國

倭國者,古倭奴國也。去京師一萬四千里,在新羅東南大海中。依山島而居,東西五月行,南北三月行,世與中國通。其國,居無城郭,以木爲柵,以草爲屋。四面小島五十余國,皆附屬焉。其王姓阿每氏,置一大率,檢察諸國,皆畏附之。設官有十二等。其訴訟者,匍匐而前。地多女少男。頗有文字,俗敬佛法。並皆跣足,以幅布蔽其前後。貴人戴錦帽,百姓皆椎髻,無冠帶。婦人衣純色裙,長腰襦,束發於後,佩銀花,長八寸,左右各數枝,以明貴賤等級。衣服之制,頗類新羅。

貞觀五年,遣使獻方物。太宗矜其道遠,敕所司無令歲貢,又遣新州刺史高表仁持節往撫之。表仁無綏遠之才,與王子爭禮,不宣朝命而還。至二十二年,又附新羅奉表,以通起居。

翻訳

倭國

 

倭國者,古倭奴國也。

現在(当時)の倭国は昔の倭奴国のことである。

奴国=倭奴国=倭国。倭の奴国?

 

去京師一萬四千里,在新羅東南大海中。

長安を離れること1万4千里、新羅の東南の海の中にある。

半島の東南にあるのは正解。

 

依山島而居,東西五月行,南北三月行,世與中國通。

倭人は山や島に張り付いたように暮らしている。

確かに平野は少ない。

東西は五ヶ月歩いたほどの距離。

日本列島を縦断して歩くと五ヶ月くらいかかるらしいので、縦断なら正解。東西が不明。

南北は三ヶ月歩いたほどの距離。

南北が不明。

代々中国とは通じている。

遣唐使のこと。代々だと遣隋使のことも意味している。

 

其國,居無城郭,以木爲柵,以草爲屋。

倭国は城は無く、木で柵を作り、草葺きの家に住んでいる。

城が無かったのは、身分の上下が顕著で無かったということ。

 

四面小島五十余國,皆附屬焉。

四方には五十あまりの島があり、倭国に属している。

周りにある五十余りの島は全部属国ということ。

 

其王姓阿每氏,置一大率,檢察諸國,皆畏附之。

王の名前は阿毎氏。

阿毎とは「アマ」「アメ」。「天」のこと。天孫族。

軍隊(一大率)を置いて諸国を見張っているので、国民は恐れて服従している。

どこにも反乱分子はいるだろうから、睨みをきかしている。

 

設官有十二等。

官職は12ある。

冠位十二階と符号。

冠位十二階(かんいじゅうにかい)は、日本で603年に制定され、605年から648年まで行なわれた冠位である。日本で初めての冠位・位階であり、この制定により人材登用の道が開かれた。朝廷に仕える臣下を12の等級に分け、地位を表す冠を授けるものである。七色十三階冠の施行により廃止された。

冠位十二階 Wikipedia 2018年10月26日11時21分

 

其訴訟者,匍匐而前。

訴訟を起こすものは、ひれ伏して進み出る。

国民が訴訟を起せる程の司法制度があったということ。民主国家の体はあったということ。

 

地多女少男。

女性が多くて、男性は少ない。

何故だろう。近年に戦争でもあったのか?

 

頗有文字,俗敬佛法。

文字はかなり普及していて、仏教を信仰している。

頗(すこぶる)はたいへんの意と少しの意がある。識字率高しとす。

 

並皆跣足,以幅布蔽其前後。

皆が裸足で歩き、前後を布で隠している。

身分にかかわらず裸足だったのでしょうか?腰布のみだと裸族の様。

 

貴人戴錦帽,百姓皆椎髻,無冠帶。

身分の高い人は綿の帽子をかぶっている。百姓は髷を結い帽子はかぶっていない。

椎髻(ついけい)は中国の少数民族のマゲのこと。それに似ていたのでしょう。

 

婦人衣純色裙,長腰襦,束發於後,佩銀花,長八寸,左右各數枝,以明貴賤等級。

婦人は無地のスカートに長襦袢、髪を後ろで束ね、長さ八寸の銀の花のかんざしを左右より数本挿し、これをもって身分の上下を示している。

女性の身なり。身分はかんざしで表すようです。

 

衣服之制,頗類新羅。

衣服の様子は新羅と似通っている。

衣服は半島の新羅と似ているそうです。

 

間(ま)

 

貞觀五年,遣使獻方物。

貞観5年、倭王は貢物をもって唐に使いを送った。

貞観5年は631年。遣唐使をおくった。

遣唐使を630年におくって、632年に帰国しているので符号している。

 

太宗矜其道遠,敕所司無令歲貢,又遣新州刺史高表仁持節往撫之。

唐の太宗は遠方よりの使者を不憫に思い、毎年の朝貢は無用と使いを下された。

また、新州の刺史、高表仁を遣わして倭王をいたわろうとした。

太宗皇帝は遠いところからの使いを労わり、無理して毎年来る必要はないと示された。

また、倭王をいたわろうと高表仁という勅使を倭国に使わした。

 

表仁無綏遠之才,與王子爭禮,不宣朝命而還。

ところが高表仁に外交の才が無く、倭王に無礼を働き、朝命を読み上げず帰国した。

無礼で横柄な態度でもとったのだろう。倭王にと争いになり、朝命も読み上げられず帰された。

 

至二十二年,又附新羅奉表,以通起居。

641年になって、倭王は新羅を通じてご機嫌伺いをしてきた。

貞観22年、倭王は新羅を通じて唐にご機嫌伺いを立てたということ。

 

まとめ

倭国は昔の倭奴国のことである。唐の長安をから1万4千里、新羅の東南の海の中にある。倭人は山や島に張り付いたように暮らしている。倭国の大きさは、東西は五ヶ月歩いたほどの距離、南北は三ヶ月歩いたほどの距離である。以前より中国とは行き来のある国だ。倭国は城は無く、木で柵を作り、草葺きの家に住んでいる。倭国の周りには五十あまりの島があり、倭国に属している。王の名前は阿毎氏。軍隊を置いて諸国を見張っているので、民は恐れて服従している。官職は12階級ある。倭国には司法制度もあり、訴訟を起こすものは、ひれ伏して進み出る。女性が多くて、男性は少ない。文字はかなり普及していて、仏教を信仰している。皆が裸足で歩き、前後を布で隠している。身分の高い人は綿の帽子をかぶっている。民は髷を結い帽子はかぶっていない。婦人は無地のスカートに長襦袢、髪を後ろで束ねている。長さ八寸の銀の花のかんざしを左右より数本挿し、これをもって身分の上下を示している。衣服の様子は新羅と似通っている。

貞観5年、倭王は貢物をもって唐に使いを送ってきた。太宗皇帝は遠方よりの使者を不憫に思い、毎年の朝貢は無用と使いを下された。また、新州の刺史、高表仁を遣わして倭王をいたわろうとした。ところが高表仁に外交の才が無く、倭王に無礼を働き、朝命を読み上げず帰国した。貞観22年になって、倭王は新羅を通じてご機嫌伺いをしてきた。

<< 旧唐書 巻199上 列伝第149上 東夷1 旧唐書 巻199上 列伝第149上 東夷3 >>

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。