旧唐書 巻199上 列伝第149上 東夷4

訳文まとめ

倭国

倭国は昔の倭奴国のことである。唐の長安をから1万4千里、新羅の東南の海の中にある。倭人は山や島に張り付いたように暮らしている。倭国の大きさは、東西は五ヶ月歩いたほどの距離、南北は三ヶ月歩いたほどの距離である。以前より中国とは行き来のある国だ。倭国は城は無く、木で柵を作り、草葺きの家に住んでいる。倭国の周りには五十あまりの島があり、倭国に属している。王の名前は阿毎氏。軍隊を置いて諸国を見張っているので、民は恐れて服従している。官職は12階級ある。倭国には司法制度もあり、訴訟を起こすものは、ひれ伏して進み出る。女性が多くて、男性は少ない。文字はかなり普及していて、仏教を信仰している。皆が裸足で歩き、前後を布で隠している。身分の高い人は綿の帽子をかぶっている。民は髷を結い帽子はかぶっていない。婦人は無地のスカートに長襦袢、髪を後ろで束ねている。長さ八寸の銀の花のかんざしを左右より数本挿し、これをもって身分の上下を示している。衣服の様子は新羅と似通っている。

貞観5年、倭王は貢物をもって唐に使いを送ってきた。太宗皇帝は遠方よりの使者を不憫に思い、毎年の朝貢は無用と使いを下された。また、新州の刺史、高表仁を遣わして倭王をいたわろうとした。ところが高表仁に外交の才が無く、倭王に無礼を働き、朝命を読み上げず帰国した。貞観22年になって、倭王は新羅を通じてご機嫌伺いをしてきた。

日本国

日本国は倭国とは別の国である。倭国よりも東にあるので日本という国名をつけている。もしくは、倭国という名前を嫌い国名を日本に変更したとも聞く。別の伝聞では、古くは日本は小国であったが、倭国を併合したとも言う。日本人は朝貢しても本音を言わず、皇帝に対して過度にはへりくだらない。だから日本人は信用できない。日本人が言うには、日本国は東西南北に数千里の広さがあり、西と南の端は大海に面しており、東と北の端は大きな山に接している。山の向こうは毛人(蝦夷)の国であると言う。

長安3年(703)、日本国の大臣、朝臣真人(栗田真人・あわたのまひと)が貢物を持ち朝貢した。真人の身分は中国の戶部尚書にあたる。彼は進德冠をかむり、その頂は花のように4つに分かれている。紫の衣に身を包み、絹の腰帯をつけていた。真人は経書と史書を読むのを好み、良く理解した。その立ち居振る舞いは優雅であった。則天武后は麟德殿の宴に真人を招き、司膳卿の官を授け、帰国させた。

開元の始めの頃(713~741)、また朝貢があった。儒士に経を授けて欲しいとのことだ。そこで皇帝は、四門助教の趙玄默を招いて鴻臚寺でこれを教えた。この者は趙玄默に教授の謝礼として幅広の布を贈った。その布には「白亀元年の調布(税として収めた布)」と書かれていたが、人はみな、これを疑った。この者は贈り物などもすべて売り払い、その金で書籍を購入して、海を渡って帰っていった。だが、その者の副官である朝臣仲滿(阿倍仲麻呂)は中国の風土を慕い、日本に帰らず中国に留まった。名を朝衡と改め、左補闕として仕えた。儀王のご学友となった。仲麻呂の京師滞在は50年にも及んだ。彼は読書好きであった。その後、職を解いて帰国させようとしたが、彼は帰国することはなかった。天宝12年(753)、日本国は再び使者を使わした。上元年間(760~762)に朝衡(阿倍仲麻呂)を左散騎常侍、鎮南都護に任命した。貞元20年(802)にも日本国は朝貢してきた。留学生の橘逸勢と学問僧の空海である。元和元年(804)に日本国使判官の高階真人が「前回の学生たちは学習も無事終えたので私と共に帰国させたい。」と願い出たのでそのとおりにさせた。開成4年(839)、日本国は再び使者を使わした。

倭国と日本国の位置

倭国の項目に、「倭国の大きさは、東西は五ヶ月歩いたほどの距離、南北は三ヶ月歩いたほどの距離である。」とあります。東西は五ヶ月ということで、これはほぼ、日本列島を縦断した距離と思われます。とすれば、当時の唐の日本地図は、日本は右に倒れていたということに成ります。

東西に寝転んだ日本というわけです。そんな古地図をどこかで見たことはあります。

「倭人は山や島に張り付いたように暮らしている。」この表現だと、平野で農耕をしているイメージとはとりがたいです。漁業や海運中心の海人族が思い浮かびます。

「倭国の周りには五十あまりの島があり、倭国に属している。」とありますので、島が多数存在する瀬戸内海あたりのことのように思います。大分か愛媛あたりでしょうか。それとも、日本全土の周りの島を指しているのでしょうか。

日本国は倭国の東にあるという表記と、倭国が改名したという表記があり、倭国と日本国が2つの国であり、後に統合したのか、あるいは、単に改名しただけなのかは、中国側も把握していなかったということなのでしょう。

倭国と日本国が統合したとすれば、日本が倭国を征服したということのようです。

「東と北の端は大きな山に接している。山の向こうは毛人(蝦夷)の国であると言う。」この文章だと日本国の概念が西日本に限定されるような感じがします。

倭国の、東西五ヶ月歩いた距離というのは日本全土(離島はのぞく)を指していると思うのですが、日本国の表記ではその半分を指しています。日本国が倭国を飲み込んだ、あるいは日本国イコール倭国としても、領土の観念がずいぶん違うなと感じます。

年表

倭国

  • 貞観5年 631年 唐代 第1回目の遣唐使

日本国

  • 長安3年 703年 唐代(武周朝) 第8回目の遣唐使
  • 開元の始めの頃 713~741年 唐代 第9.10回目の遣唐使
  • 天宝12年 753年 唐代 第12回目の遣唐使
  • 上元年間 760~762年 唐代 第13.14.15回目の遣唐使
  • 貞元20年 802(804?)年 唐代 第18回目の遣唐使
  • 元和元年 804年 唐代
  • 開成4年 839年 唐代 第19回目の遣唐使

このように一連の朝貢は全て遣唐使(旧唐書だからあたりまえか)のようです。日本国という国名が使われだしたのは、701年の大宝律令が正式のようですが、645年の乙巳の変(いっしのへん、いつしのへん、おっしのへん)後に使われだしたとも聞きますので、この間の期間であることは間違いないでしょう。

貞観5年の第1回目の遣唐使が、日本国からではなく、倭国から派遣されたということなのでしょうか?第2回目の遣唐使は653年で、乙巳の変以降です。だとすれば、征服された側の遣唐使という制度を征服した側が引き継いだということになります。変ですね。

こう考えると、倭国が改名して日本国になったという方が真実のような気がします。

まとめ

倭国と日本国は別の国である。あるいは、倭国は日本国と改名した。この2つの記述があるので、2つの国が一つになって日本国になったのかどうかは曖昧です。

国土の概念も倭国は日本全土、日本国は西日本とかなり違います。

思いつきで、「旧唐書 巻199上 列伝第149上 東夷」を読んでみましたが、私の今の知識では新しい発見にはつながらなかったようですが、そのうち役に立つかも知れません。ということで。

<< 旧唐書 巻199上 列伝第149上 東夷3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください