大麻比古神社に参拝4

めがね橋

拝殿の左側の奥に入っていくと、右側に小さな池があり、めがね橋がかかっています。この池もドイツ兵の捕虜が造ったもののようです。めがね橋はドイツ橋と違って小さくて橋脚が真ん中にあるので丈夫にできています。今でも橋の上を歩くことができます。

この辺は誰もいません。いるとすればサルくらいです。少し怖いくらい静まり返った場所です。ほんとにいつ来ても誰もいません。

心願の鏡池って言うんですね。初めて知りました。では、めがね橋を渡ってみます。

ドイツ橋

元に戻って、右側にめがね橋を見て、真っ直ぐ進むとドイツ橋があります。残念ながら現在ドイツ橋は崩落の危険がありますので、渡ることはできません。昔来たときは何度か渡りました。まあ、古くから生きてる者の特権でしょう。

現在は左側から迂回して向こう側に渡ることができます。幸いなことにドイツ橋を側面から見ることができるわけです。ドイツ橋はめがね橋に比べてかなり大きいです。大きいといっても人がすれ違える程度ですが。

橋の下をくぐると異世界に行けそうですが、くぐってはいけません。貴重な文化遺産です。迂回コースから外れないで眺めましょう。

このあたりは紅葉が生い茂っています。秋に来ると大変美しい紅葉が見られます。

この日はいいお天気で気温もそこそこ暖かかったのですが、このあたりはシーンと静まり返っていて、心なしかひんやりとしています。人の姿はなく、たった一人、世界に取り残されたように感じる場所です。不意に人の姿が見えたりすると返って恐ろしいと感じるかもしれません。

まむし見参

この辺では昔から「ごはっそう」というのですが、五月、八月には「まむし」が出ます。足元には十分注意して散策してみてください。

神さま・・・サル・・・まむし・・・ヒト・・・怖。

つづく

<< 大麻比古神社に参拝3 大麻比古神社に参拝5 >>

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください