30日スクワットチャレンジ

アメリカ発

何年か前にアメリカ発で、日本でも流行したそうですが、私は知りませんでした。腹をへこませる方法を検索してたら出てきたのです。youtubeでしたが、ブログやまとめサイトでもかなりあるようです。効果はどうなんでしょうね。

スクワットで腹回りの脂肪がとれるようには思わないのですが、サイト情報では効果があるとのことです。確かに太ももの筋肉は身体の中でもデカイので、太ももの筋肉をでかくすれば基礎代謝が上がって、脂肪の燃焼率は上がるとは思います。でも、腹回りまではどうかなと思うのです。

スクワットのやり方

アメリカ発の「30日スクワットチャレンジ」は結構ハードなスケジュールです。簡単に書けばこんな感じ。簡単すぎる。

  • 初日は50回から。何度かに分けて50回をこなす。
  • 翌日には+5回~10回を課す。毎日5回~10回づつ増えるのです。
  • 3日やって1日休む。超回復させるそうです。
  • 休みの日も増やす日に算入する。休みの日も+5回~10回なわけです。
  • 正しいやり方でスクワットする。

計算上30日後には250回をこなすようになるそうです。また、正しいやり方でスクワットをしなければあまり意味がないそうです。これについては、若い頃、パワーリフティング的な筋トレをしていたので理解しているつもりです。

超回復とは

筋肉は負荷をかけ続ければかえって痩せて、弱くなっていきます。負荷をかけることはつまり、筋肉組織を壊す(パワーではそうだったけど空スクワットくらいでは壊れないかも)のです。

その後、休息を与えて筋肉を回復させるわけですが、筋肉の特性として、回復前の状態にもどるのではなく、回復前の状態より少しだけ太く、強く回復するのです。これを超回復といいます。

ボディビルダーはこの効果をうまく利用しながら身体をつくっていきます。

食事制限

スクワットで基礎代謝を上たとしても、無制限に食事をとっていてはダメです。これは当たり前ですね。食事でとったカロリー以上の消費メニューを組まないと意味ないでしょう。

一日一食がマンネリ化でこなせていない状況です。ある程度食事制限をがんばりながら、スクワットも加えていくというのがベストでしょうか。

トライ

まあ、とりあえずやってみましょうか・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください