宅配便のアルバイト考1

軽貨物自動車運送事業

最近、大手、新興にかかわらず、宅配業の求人が増えています。ネット通販などが大盛況のため、末端の宅配する人が不足しているのだと思います。この業界も最後は人の手を借りないと成り立たない業種です。荷物の量が増えたからといって、荷物がお客様の手に渡らなければ完結されないわけですから、沢山の人の手が必要になってくるわけです。

宅配をしている人の雇用形態はおよそ以下の通りだと思います。

  • 宅配会社の正社員(大手、下請け含む)
  • 宅配会社のアルバイト又は派遣
  • 個人事業主(軽貨物自動車運送事業)

最近の募集で目立つのは個人事業主の募集です。開業資金0円だの車はリースで即開業だのとウタッテいます。宅配のアルバイトだろうと応募してみれば、車買って云々。結局、荷物あるから自営で配達してというのが多いようです。自営業と社員またはアルバイトとでは全く違います。

募集の裏読み

自営業であるということは、請け負った仕事は全て自分の責任で果たさなければならないということです。雨が降ろうが、雪が降ろうが仕事は休めません。体調に関しても、熱があろうが、腹の具合が悪かろうが仕事は休めないのです。休む場合は自分の力で、誰か代役を用意しなければなりません。

たとえば、大手ではなく、どこかの下請け会社又は中請けとの契約で、もしもの時の代役を用意してくれるシステムがある業者と契約をするとします。この場合は、その会社が間に入るのですから、運賃の中抜きは発生するだろうと思います。運賃が安くても、安心して仕事ができるのですから、その方がいいかもしれません。

大手の運送会社と直接契約している場合、割とその辺を融通してくれる会社もあるかも知れません。大概は、無理をいわれることがあっても、無理を聞いてくれる会社は少ないです。ほぼ、丸投げといっていいでしょう。あるのは履行の責任だけです。そして、ここが自営業者募集の付け目です。

自営で運送の契約をする場合、契約書を交わしてしまえば、契約書どおりに履行していかなければなりません。契約書どおり履行がなされない場合は、損害賠償などという事態もありえるのです。契約の内容はしっかりと確認しておかないと大変なことになります。安易に判子を押してはいけません。奴隷契約になるかも知れませんよ。

始めるのは簡単

事業免許は簡単に取れます。当県だと、陸運局の2階にある、輸送課(だったと思う)に行けば、届出書の雛形をくれるので、それをその場で書いて出せばいいのです。何度か手続きをしたことがあるのですが、最後に手続きした時は、A4の用紙1枚だけだったと思います。駐車場が賃貸の場合は、使用許可証がいるとは思いますが、自宅の場合は、図面も必要なかったような?広さだけ書き込めばよかったような・・・。忘れました。鵜呑みにしないで下さい。

事業免許の届出をすますと、輸送課でもらった許可証?をもって、軽貨物自動車の車検証等の書類と共に、当県ではお隣の軽自動車協会に行って、貨物自動車用の黒いナンバープレートに変更します。黒ナンバーに変更したら陸運局へ引返してプレートの番号を登録するみたいな感じだったと思います。曖昧で申し訳ないです。行政書士さんとかに依頼するほど面倒なものではありませんので、陸運局へ行って、聞いてみることをお勧めします。

簡単に事業者になれますが、仕事はどうやってとったらいいか分かりませんよね。前に書いたように、すぐに宅配業者として契約すると、大変苦労することと思います。仕事自体はそんなに難しいものではないですが、慣れるまでが問題です。以前、この仕事の初日、20個程の荷物を配達するのに、朝から(だったかな?)真夜中までかかったというケースがありました。真夜中に配達して、よく怒られなかったなと思うのですが、真面目な方で、誰にも相談せずがんばったそうです。

自分が住んでいる地域でも、配達となると全く見知らぬ町と化します。住み慣れた場所でも、使用している道路はほんの僅かなんです。こんな所にこんな道があったのかと思うほど知らない道ばかりになります。そこをクルクル回っていると、方角さえも分からなくなります。道を把握するまで、ある程度の時間はかかるのです。

一番いいのは、宅配をされている方の手伝いをすることでしょうか。人を数人雇って、自分も配達に出ているような方が見つかればベストです。そういう方は、自分も苦労してきているので、あまり、無茶なことはいいません。事情を話してある程度の期間、雇ってもらえばいいのです。しばらく修行して(もちろん給与はもらってです)その後そうするか判断すればいいのです。黒ナンバーの軽貨物自動車さえ所有していれば、そんなに難しいことではありません。

まあ、頑張れればある程度は稼げます。これは確か。仕事を増やして人を雇い、事業を拡大していくのも可能です。宅配関係の事業は今チャンスかもしれません。

次回は宅配のハウツーを書く予定です。

宅配便のアルバイト考2 >>

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.